2013年12月16日月曜日

2013/12/16

7時にホテルを出る。ホテルを出た後、知らないアドレスからメッセージが。
I am happy of you I understand u have left the hotel thanks for staying with you will in mind forever」とホテルのスタッフの一人からでした。寂しくなる。
自分は冗談が好きではないことからよく小さな喧嘩をしていた冗談が大好きなアデオスタッフの一人からも「I will miss dear but through God we shall meet again. Great all your family members & your friends too tell them Kenyan people loves them.」とメッセージがきて半泣きになった。一番歳が近かったから兄貴みたいな存在でした。気に障るところもあったけど。今思えばいい思い出。美化しているだけなのかもしれないけど…。
慌ただしくバタバタとブシアを去る。
ブシアに来るときの車では、腹痛を車酔いを恐れて爆睡することに徹していたけれども、度胸がついたのか今回はほとんど起きていた。
ブシア→ナンバレ→カカメガ→キスム→ケリチョウ→ナクル→ナイロビと約13時間の長旅。お尻がいたい。
500km以上のロングディスタンスだけどもカーナビなしで運転するのは本当にすごいと思う・・・・。
ブシアからはアデオスタッフと自分の二人でナンバレに向かい、スタッフの兄弟ともう一人のスタッフをピックアップし、カカメガでもう一人の兄弟をピックアップし全員揃って出発。5人旅でした。長距離バスと比べると、荷物がなくならないか、事故に合わないか、巻き込まれないかなどといった不安を抱くことなく移動することができるのはずっと運転してくれたスタッフの人のおかげです。ありがとうございます…。

ナンバレでは、だだっ広いサトウキビ畑を忘れまいと睨み付けるように眺め、変わる景色に気分が上がりながらカカメガに向かう。カカメガ、めちゃめちゃ都会に思える…。
兄弟の一人がカカメガ国立公園で森林を保護している仕事をしているらしく、話を聞きながら次に来た時こそは訪問しようと決める。
キスムに到着してから少し休憩。キスムはさらに都会…!建物が多いし、高い!
キスムはビクトリア湖沿岸に位置するので、漁業が盛ん。ナイロビで買うと高いからと、大きな魚を10匹購入。その場で鱗と内臓をとってもらい、塩をまぶして袋に詰めて車に乗せる。
キスムでものすごく親しげに手を振って挨拶してくる男性が。友人によると「they love Japanese」とのこと。「I think he doesn’t know I’m Japanese, he thinks I’m Chinese」と言うと、「He loves Chinese too. Because Chinese people give money to them, even Japanese」と聞き、うーん。いたとしてもごく一部の人なんだろうけどなぁ。
日本にいると自分が日本人だという意識は毎日そこまで強く抱かないけど、国外に出た時は自分が日本人だと感じることが多くなる。海外で何気なくする行動が、訪問先の現地の人に対してその訪問者の国の印象を与える責任は大きいと思う。訪問者の国が訪問先の国で知名度or存在が小さければ小さいほど、シンプルに捉えられやすいような…。うまく言えない・・。
ブシアの奥地で出会った人にとったら日本人と言えば自分を思い描かれるのかもしれないし。「日本人はたれ目で耳に変なアクセサリーを付けている」って印象を与えてしまっていたらどうしよう…。休日に出会った人にとったら日本では舌にピアスを開けるのが普通なの?という質問も何度かされたし。(きちんと否定しておきました。

そんなことを思いながらキスムを去る。
ケリチョウに入ると、メイズやサトウキビ畑の景観から変わりティー畑に。KERICHO TEAと商品名になっているほど、ティーの生産地として有名。果てしなく広がるティーは畑に圧巻。
13時を回って腹の虫がそろそろ騒ぎ出したのは自分だけじゃなかったようで、車を一時停止して道路沿いにあるマーケットを散策。其々、バナナや野菜、豆などを調達し車はそろそろパンパンに。車を止めるとものすごい勢いで野菜やフルーツ、そのほかの物を売っている人が集まり、窓から「これは?あれは?これは?」と物凄い勢いで薦めてくる。その中からソフトなメイズを選びぬき、5人でむしゃむしゃ食べながら再出発。
陽気でいい歳をしたお兄様方たちに囲まれながらムシャムシャと食べるメイズは格別。

ナクルに着くと、ずっときょろきょろしてしまうほど都会の風景に落ち着かなかった。お昼ご飯にありつき、パワーを取戻し再出発。ナクル、第4の都市と言われるだけある。ナイロビに近づくにつれて、食事の際の選択肢も増えていく。
ナイロビまでの道の途中、シカやシマウマを道路の脇に見たので、サファリはこれで我慢することに。普通に道端にシマウマがいるのは自分にとったら新鮮。だから余計に、車の窓からごみを捨てるのを見ると、すごく違和感を抱く。
『星の王子様』に出てくるバウバブの木がないかとひたすら探していたけど、結局なかった。ケニアのどこにあるのかは忘れたけど、ケニアにあるらしいです。いつか見てみたい。

ナイロビに近づくにつれて、ものすごい量の灯りが見えてくる。当分の間は慣れないだろうなぁ。
ブシアが田舎で超不便だった!って言うのではなくて、ブシアの生活に慣れすぎていたほど慣れていたから、単純に環境の変化に追い付いていないだけだろう。なので感動しっぱなし。大袈裟かもしれないけど。
ナイロビに到着前に、市内に滞在する日本人の友人から電話が。滞在予定のホテルの周りの道が封鎖されているとのこと…!
14日にマタツ爆破事件が起きたのと、それとはまた別にデモが起きていたことによるもの。
何とかホテルまでの道は封鎖されず無事に到着。到着して車から降りた瞬間人全員くしゃみをし出す。なんとデモを追い払う為に使われた催涙弾の残りガスによるものだそう…。なんと…。このホテルに泊まっても大丈夫なのだろうか…。
既に日が暮れており、デモのせいで滞在するホテルに電気がこなくなっていて、真っ暗だったということもあり少し不安に。
友人が来てくれてほっとした。ありがとう…。(;_:)
ブシアでの生活やナイロビの生活をお互いに話して、二人で爆睡。最後の方何話したか覚えていない。笑
今日から4日間ナイロビだ…!

0 件のコメント:

コメントを投稿